専業主婦のカードローン、審査に通らない時は

専業主婦でパートもしていないという場合には、カードローン審査に通らない確率が高くなります。主婦であっても、扶養の範囲内でも稼いでいれば審査をしてもらえますが、全くの無収入の場合はカードローン申し込みの際の団前提である、安定して継続した収入という条件を満たせなくなります。
これらのことから、専業主婦はカードローンを一切組むことができないような印象を持ちますが、実際はそうではありません。最近では利用限度額50万円程度までなら収入証明を必要としないところもありますので、申し込み先をきちんと探せば借りられます。
審査の条件は会社によって異なりますので、配偶者に安定した収入があれば少額の融資なら通るところもあります。また、額の大きさに関わらず、必ず配偶者の同意を求めるところもあります。
実際の融資条件は申し込みをしてみないと分からないことが多いので、とりあえず申し込んでみるという人もいます。ただし、短期間のうちに複数件の申し込みを行うと、注意情報が信用情報機関に登録されてします可能性がありますので、注意しなければなりません。申し込み先を厳選するために、まずはコールセンターで細かな情報を聞いてみることが大切です。